1982年生まれ、思い出が止まらない!!

30代の独身ナス・カズオが語る、趣味のキックボクシングなどについてのブログ

【体験談】ライトスパーでパンチをもらい、左目も飛蚊症になった話

こんばんわ、ナス・カズオです。

 

 

昨日もキックの練習に行きました。

 

 

ライトスパーリングという、40~50%の力で行うスパーリングを行ったんですが、タイトル通り、けっこう強めにぶん回してくるパンチャーに何回か、まともにパンチをもらい、右目に続いて左目も「飛蚊症」になったっぽいです。

 

 

てか、ライトっていってるじゃん!!

 

 

zamatsuyoshi.hatenablog.com

 

 

パンチをもらってから、蚊やハエのような影が見えてます。

 

 

f:id:zamatsuyoshi:20181119214737p:plain

 

 

僕は医療系の会社で営業をやっていて、今日たまたま眼科のドクターと面会があったので、このことを軽く聞いてみました。

 

 

目に衝撃を受けて飛蚊症になったなら、遅くても1週間以内には眼科で検査した方がいいよ。症状がおさまって治ったと思っても、しだいに視野がかけて失明して、とりかえしがつかなくなる場合もあるからね」

 

 

と言われました・・・

 

 

いやー恐ろしい

 

 

本当はそのドクター(※紳士的でめちゃくちゃ優しい)に検査してもらいたかったのですが、今転職にともなう引継ぎ中で、すぐに見てもらうことができませんでした(/_;)

 

 

今週の土曜日には必ず眼科に行って、左目も「眼底検査」をします。

 

 

結果は、またブログで報告しますね。

 

 

僕みたいに、目にパンチや野球のボールなどが当たってから「飛蚊症」になった人は、忙しくても後回しにしないで、1週間以内には眼科で精密検査をしてください!!

 

 

生理的飛蚊症だといいのですが・・・

 

 

以上

趣味でキックボクシングをしているくせに、プロのベテランボクサーみたいな悩みを持つナス・カズオでした!